オーラルケアの革命!Ozospaオゾスパの特徴

オーラルケアに革命の兆し

オゾスパ・オーラルケアシステムは、世界的に活躍する歯科医師によって考案・開発されたもの。100%ナチュラルな成分は、科学的に証明され、効果が実証された、環境にも体にも優しいものです。

 

・研磨剤なし(天然の研磨剤も入っていません。)

・積極的にきれいに、そして息をリフレッシュ

・すべての年齢層の方、どのような健康状態の方にも安全・安心

・歯の汚れを酸化*、歯をより白くしてくれます

・積極的にプラークの良くないバイオフィルム、虫歯・歯周病の原因菌と闘ってくれます

・ドライマウスを低減–健康な唾液を刺激し、強化

・ビーガン、ハラ―ル、コーシャ、パレオの方にも

・環境にやさしく、食品基準の成分

・動物テスト、副産物なし

・フッ素なし

・発泡剤、界面活性剤なし

・アルコール、その他の刺激物なし

・有毒化学物質、防腐剤なし

・グルテン、砂糖、サッカリン、アスパルテームなし

・歯のステインを防ぐために、色はついていません

 

このような条件を兼ね備えているオーラルケア製品は、世界でもまだ珍しいものです。

ご存知でしたか?口の中に入れる歯磨き粉などのオーラルケア商品ですが、化粧品として分類されているために一般的には、食品のような厳重な基準がありません。

 

日本ではもちろんのこと、現在世界中の人たちが知っているあるオーラルケア商品。実は床を磨く「洗剤」として元々は売り出されていたなんて・・笑えない事実があるほどです。「口臭を消す」という言葉に、今では世界中で誰もがどこでも手に入れることのできる大人気商品になっています。

 

私は個人的に、化学的な味のするものを日常的に使うことが嫌いでした。口の中に入れるもの。飲み込んでしまう可能性があって、頬の粘膜や歯茎の粘膜から吸収して全身を巡る可能性のあるものが、食品基準ではない代物だということに、納得できなかったのです。

 

食品基準をクリアできるような、安全な成分だけを使っているオゾスパのオーラルケア製品。オーラルケアだけでなく、からだ全体をサポートしてくれるオーラルケアの進化型製品がここにあります。

 

 

「虫歯」が世界で最も流行している

世界的に最も流行している感染症のひとつ。それは、虫歯

 

先進国では5歳の子供の55%、そしてなんと92%の大人が虫歯に感染。虫歯の影響と罹患は、ここ20年間で増え続けています。あなたに周りに、今まで虫歯になったことがない人・・いますか?

Ozospaオゾスパは、虫歯をはじめ、人々を悩ませ続ける細菌による口臭の社会的なストレスから人々を解放させるだけでなく、歯周病のマイナスの影響を減らすことを目指しています。

 

そのためには、新しい考え方新しい技術既存の科学の新たな応用が必要です–厄介な化学物質の副作用なく、そしてあなたの人生にリスクを負わせることなく、安全な形が理想的です。

 

Ozospaは、素晴らしい自然からのナチュラルなオーラルケア商品をただ作っているだけではありません。

 

バランスのとれた総合的な状態(身体的・精神的及び社会的に良好な健康状態)

そして幸福への手助けをするために、ここで情報をお伝えし、力添えをしながら共に歩んでいきたい。それがOzospaの願いなのです。

 

 

オーラルケアには、アルカリ性が必要

Ozospaオゾスパは、総合的なアルカリ性 オーラルケアというオーラルケアシステムの概念を用いています。

なぜ、オーラルケアにアルカリ性が必要なのでしょうか?

虫歯などの原因菌は、酸性の環境で増殖をして活発化します。そして、歯は酸性で溶けます。虫歯は、「酸性」状態でできます。食事をするたびに、口の中は酸性に傾きます。そして食後30分~1時間ほど経つと唾液の自浄作用によって口の中は全体的にアルカリ性に戻っていきます。しかし、残った食べかすや歯の汚れについた原因菌は酸性のものを出し続け、部分的に酸性状態を持続させて歯を溶かしていきます。

 

そのために、Ozospaオゾスパのオーラルケアは口の中のアルカリ性を持続させるように、開発されています。

口の中の悪玉菌を排除し、良いバイオフィルム**の細菌叢を増加させる相乗効果は、長い間使い続けることによって、完璧なバランスの保たれた口腔内のエコシステムをつくり出していきます。

悪玉菌を排除して、善玉菌は残す・・・私たち人間にとって必要な細菌まで、すべてなくしてはいけません。オーラルケアの革命は、このように私たちを取り巻く環境や自然、生き物のシステムすべてに通じていきます。

 

まずは毎日の身近なオーラルケアから、始めてみませんか。総合的な健康を、そして輝く笑顔を手に入れましょう。

 

 

*歯の汚れを酸化・・・歯の汚れを酸化分解することによって、黄ばみを落として歯を白くする方法は、ホワイトニングと言われています。

**良いバイオフィルム・・・口の中の虫歯の原因菌などを含む微生物は、膜状のバイオフィルムを足場に細菌の塊として増殖してきます。良いバイオフィルムをつくることで、善玉菌が増殖していきます。

 

mECdiwivI2S3veN1437388775_1437389066